サルエルパンツ 菜の花
54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb 54f94eb6391bb3033e0009fb

サルエルパンツ 菜の花

¥10,450

¥7,315 税込

30%OFF

送料についてはこちら

股下が深いゆったりシルエットのサルエルパンツです。股が低い位置にあるため風と押しがよく夏でも涼しくはいていただけます。ウエストゴムなので浅く腰ではいたりなど、アレンジすることができます。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長165cm) ●寸法:総丈66cm、股上57.5cm、裾幅20cm、ウエスト64cm(ゴム) ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan [お取り扱い上の注意] ※水洗いの場合はタンプラーで乾燥すると縮むことがありますので、形を整えて自然乾燥してください。 ※洗濯、摩擦等により多少色落ちすることがありますので、ご注意ください。 ※濡れたまま長時間放置しますと、色落ちや色移りの原因になりますのでお避けください。 [菜の花] 菜の花は食用の花の総称で、アブラナの花だけでなくカブやハクサイなどの花も指します。晩春、一面に広がる黄色い花の群生は、春の風景として古くより親しまれ、多く歌にも詠まれました。昨今、京都の鴨川河川敷に自生するようになった菜の花は、外来種のセイヨウアブラナのようですが、新しい風物詩として市民の目を楽しませているようです。蕾の状態の菜の花は、春の先がけ、旬の食材とされ、おひたしや辛子和えとなって食卓を彩り、春野菜の醍醐味でもある、独特の苦みや香りを楽しみます。また、菜の花の仲間である「伏見寒咲花菜」は京野菜として、京都の伏見地域で栽培されています。