衿付き半袖ワンピース かもめ
5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958 5720a2f3a458c0edda001958

衿付き半袖ワンピース かもめ

¥17,280 税込

送料についてはこちら

丸衿付きAラインの半袖ワンピース。ボタンで衿元のスタイルが調整できます。左側にポケット付き。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:身丈100cm、胸囲98cm、肩丈37.5cm、袖口32cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan [お取り扱い上の注意] ※水洗いの場合はタンプラーで乾燥すると縮むことがありますので、形を整えて自然乾燥してください。 ※洗濯、摩擦等により多少色落ちすることがありますので、ご注意ください。 ※濡れたまま長時間放置しますと、色落ちや色移りの原因になりますのでお避けください。 [かもめ] 京都・鴨川上空では、冬〜春先にかけて群れ飛ぶ白い姿の「ユリカモメ」を見ることができます。遠くロシアのカムチャッカ半島からおよそ3,000キロの長い旅を経て京都にやってくるユリカモメたち。背面は灰色、翼の先端が黒いのが特徴です。『伊勢物語』『万葉集』などの古典文学に登場する〝都鳥〟とは、一説にはこのユリカモメを指しているのではないかと言われています。日中、鴨川で頻繁に見かけるユリカモメですが、日暮れとともに姿を消してしまいます。これは寝床である滋賀県の琵琶湖に移動してしまうためです。彼らは琵琶湖の湖上で夜を過ごします。白い身体が特徴のユリカモメですが、夏になると、白いふわふわ羽毛が抜け落ち、黒い覆面の様な顔が現れます。4月には鴨川から姿を消してしまいますが、琵琶湖には5月頃まで滞在する種もあるので、そこでは黒い覆面顔のユリカモメが見れるかもしれません。