半袖ブラウス 家々
5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372 5721a7c09821cce33f001372

半袖ブラウス 家々

¥12,960 税込

送料についてはこちら

衿の下にギャザーの入ったゆったりとしたシルエットの半袖ブラウスです。袖の切り替えがないのでフリーサイズで着ていただけます。裾の三角部分のカラーリングがポイントになっています。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:着丈66cm、バスト120cm、袖口32cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan [お取り扱い上の注意] ※水洗いの場合はタンプラーで乾燥すると縮むことがありますので、形を整えて自然乾燥してください。 ※洗濯、摩擦等により多少色落ちすることがありますので、ご注意ください。 ※濡れたまま長時間放置しますと、色落ちや色移りの原因になりますのでお避けください。 [家々] 京都を歩いていると、多くの寺社とともに、古い町家の並びを見ることができます。町家は京町屋と呼ばれ、階数、屋根の高さ、窓の形や大きさなど、さまざまな造りの町屋があります。京都の人々は、昔からここで商売やものづくりを営んできました。京町屋の種類には、明かりとりや風通しのため、虫籠(むしこ)窓と呼ばれる丸形や、長方形の小窓がつけられている「厨子二階(つしにかい)」、1階建の「平屋」などが存在します。また、中には店を〝仕舞った〟ことから名付けられた「仕舞屋(しもたや)」という住居専用の町家も。現在でも京都では、古い町並みを残すために、建物の高さや装飾看板の制限を設けるなど、行政と市民が一体となり、町全体の景観と調和のための努力が続けられています。