袖なしブラウス 九条ねぎ
5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad 5b0bbc0a434c7241f90019ad

袖なしブラウス 九条ねぎ

¥12,960 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

タックの入った袖なしブラウス。 裾広がりのフォルムは、ふわっと着るととても涼しげです。 ※テキスタイルの柄ゆき上、1点ずつ柄の出方が異なります。予めご了承ください。 ●サイズ:フリー(着用モデル身長173cm) ●寸法:着丈62cm、胸囲110cm、袖口48cm ●素材:綿100% ●日本製 made in Japan [お取り扱い上の注意] ※水洗いの場合はタンプラーで乾燥すると縮むことがありますので、形を整えて自然乾燥してください。 ※洗濯、摩擦等により多少色落ちすることがありますので、ご注意ください。 ※濡れたまま長時間放置しますと、色落ちや色移りの原因になりますのでお避けください。 [九条ねぎ] 柔らかく、甘みのある青葱で、京野菜のひとつ。葉の内側には他の葱にはないぬめりがあるのが特徴です。このぬめりの中に良い香り、良い甘さが凝縮されています。煮て、焼いて、薬味として、どれも大変美味。栽培のはじまりは、今から1300年ほど前の711年、伏見稲荷大社の建立時までさかのぼります。京都は北から南にゆるやかに傾斜している地形のため、野菜作りに良い土壌が南部に集まっています。南部の九条付近で栽培された質の良いネギが九条ねぎです。近年技術が発達して栽培期間は短いようですが、本来は、秋に種蒔き、春に植え替え、夏に一旦掘り出し1ヶ月間天日で乾燥させ、また植え付けて、そして種蒔きから1年以上経った晩秋にようやく収穫できる、というとても手間のかかる栽培方法だそうです。1987年京都府が「京の伝統野菜」に認定。